Merrell(メレル) ベイパーグローブ3のレビュー

メレルべパーグローブ3レビュー

*現在はより新しいモデルが出ており、新モデルをおすすめします。過去の記録としてこの記事も残しています。

ベアフットシューズと言えばビブラム 5フィンガーズが有名ですが、使いやすさ、ホールド感を総合的に考えるとベイパーグローブのほうが優れているといってよいでしょう。

靴底にはもちろんクッションはありませんが、内部の周囲には柔らかい生地を使うことで、ホールド感を高めつつ、足の自由度を妨げないよう工夫されています。

普段履きにも使いやすく、いつでもベアフットシューズで過ごせます。

ソールは十分な屈曲性と薄さ

ソール全体の柔軟性は申し分ないです。足の動きを邪魔することなく曲がってくれます。

アウトソールは若干硬めですが、乾いた路面ではグリップ力はあります。安定のVibram(ビブラム)ソールです。その点ではアウトソールの機能性はビブラム5フィンガーズと同等と考えてよいでしょう。

アウトソール

ベイパーグローブ3の靴底。グリップはしっかりある。若干硬め。

インソール(靴底内部)とアウトソール(靴底外部)を合わせて6.5mmとかなり薄く、ビブラム5フィンガーズのV-Runより薄いです。そのためクッション性はありません。

慣れないうちは石を踏むと痛みはありますが、ケガをすることはありません。石を踏んでも痛くならない接地と足裏を手に入れるために、積極的に砂利道に挑戦しましょう!

ホールド感、フィット感が特にすごい

フィット感がすごい

フィット感がダントツ

ホールド感が素晴らしいです。低価格ベアフットシューズとの一番の違いはこのホールド感です。

足にぴったりフィットしつつ、窮屈な感じはありません。

ホールド感の優れたシューズを履くと、内部で足がぶれることがないので、まるで裸足のように足が軽く、自由に動かせます。

逆に、ホールドが甘いとシューズ内で足がぶれてロスが発生、スピードが出せないですし、無意識のうちにずれを防ぐために足の動きを制限してしまいます。

例えば、サイズの合わない大きめの靴を履くと、足指の機能が衰える浮き指を招くことが明らかになっています。無意識のうちに靴のずれを防ごうとして、足指を使えない為です。

普段のシューズに不満が無くても、ホールドの優れたシューズに履き替えるとかなり走りやすく感じるはすです。

フィット感

シューレースの通し口、ベロにまでフィット感を高める工夫。

シューレース(靴紐)の通し口も布製にすることで、フィット感を高めています。金属のハトメのような足の甲への硬い当たりがなく、全体的に柔らかく包むようにホールドしてくれます。

生地は薄いですが、内側は柔らかく足のあたりが非常に良いです。シュータン(ベロ)まで当たりが柔らかくなるよう工夫されており、本当に細かいところまで妥協がありません。

踵のホールド

(かかと)周辺は厚みがあり柔らかい。しっかりした芯があり、ホールドが強い

(かかと)はしっかり芯があり、スプリントでもずれることなく足を受け止めます。(かかと)周りはとくにブレが出ないよう柔らかい生地で、厚みを持たせてあります。

普段履きにも使いやすく、耐久力も満足

5本指や足袋(たび)型シューズはデザイン的に普段履きに使いにくい人も多いです。
また、普通の靴下では使えない、指を通すのに手間がかかるなど、使いにくい面があります。

ベイパーグローブは構造的にもデザイン的にも普段使いできますので、普段の生活からベアフットトレーニングができます。

補強

壊れやすい部分は補強されている

指先や指の横側といった壊れやすい・破れやすい箇所は補強されており、かなりの耐久性があります。

初期不良で破損した場合は交換してもらいましょう。Amazonでもベイパーグローブの初期不良による破損は交換対応しています。

上に